2015年3月11日水曜日

4/25 春の彼方、音の汀

終了しました!ありがとうございました!!!!!

biobiopatata企画
「春の彼方、音の汀」 立川 砂川七番 ギャラリーセプチマ







◆ 出演
sekifu
ポニーのヒサミツ
澁谷浩次(yumbo) from 仙台
biobiopatata + イトケン

food: masala underground、関雅晴、澁谷浩次、だいちゃんのパン

15:00 オープン/15:30 スタート
ご予約 2500円 当日 2800円(小学生以下無料)
ご予約はセプチマまたはyagawa0813@gmail.com
まで。


長く寒い冬を抜け、花粉の嵐をくぐって、ついに、春。
セプチマでゆっくりしてってください。
ごはんもご用意して待ってます。

晴れることを願って!みんなで遊びましょう~。

-------------

タイムテーブルはこのような予定です。
お好きな時間にどうぞ。ごはんや軽食もご用意する予定です!
春の行楽に。

15:30  biobiopatata
16:10  澁谷浩次
17:10  ポニーのヒサミツ
18:00  sekifu

-------------

sekifu


ある時間が積み重なると、未分化の歌が滲み出てくる時があります。
それらを掬いあげて懐に入れて共に過ごします。
それらが自分の歩幅や呼吸と同期するくらいになるまで、根気強く付き合います。
そして頃合いをみて、歌の断片をいろいろな楽器に割り振ったりします。
必要に応じて、歌や楽器を練習したり、皆で合奏したりします。
こういった作業には非常に多くの時間が必要ですし、
自分でもいまだに何をやっているのかよく分かりません。
前身バンドのキヌタパンを経て、2004年9月に結成。
2012年に自主制作したCDR『fledged』が、今のところ唯一の作品です。

-------

ポニーのヒサミツ


細野晴臣氏と藤子F不二雄氏とポール・マッカートニー氏、
数多の先人の作品を尊敬しつつ音楽を奏で歌う。
夏目知幸とポテトたち、国旗メンバー。 
アルバム「休日のレコード」を2013年10月に発売。
2014年5月には本秀康主催の雷音レコードより7インチ「休日/あのこのゆくえ」を発売。

http://d.hatena.ne.jp/hisamitsu_house/



-------

澁谷浩次(yumbo)


北海道生れ。ミニコミ編集、自主カセットの制作を10代の頃から静かに行う。
1998年に仙台でグループ「yumbo」を期せずして結成し、すべての楽曲の作詞作曲をいみじくも担当。
2011年までに3枚のアルバム「小さな穴」(majikick)「明滅と反響」(majikick)「これが現実だ」(7e.p.)を確かに発表。ソロ作品としてはデモ集「homebound demos」(igloo)、ライヴ盤「Sapporo Picture」(Igloo)「シブヤくん」(7e.p.)などが実在する。




---------

biobiopatata + itoken


今回もイトケンさんに参加して頂くことになりました!嬉しい!
出番最初で、景気付けにパーっとやります!!