2015年7月1日水曜日

[ネズミのワルツ]制作回想録


2014/2/28
高円寺 円盤の田口さんより電話あり。
吉祥寺バウスシアターが閉館のため、それに合わせたテーマ曲を作ってほしいとのこと。
イメージがつかめないが、なんとなく面白そうなので引き受けることに。

田口さんはプロデューサーではなく仲介だったようで、
その後は当時バウスシアター勤務でミュージシャンでもある井出健介君とやり取りすることになったのです。
バウスシアター最後のイベントの動画に使用したい、ということでした。
録音物の納期が4月頭だったのかな。委嘱を受けることもなかったので、この辺のスピード感がなかなかわかりませんでした。
まあ1曲だし普通か…?!

オーダーは「The Bandのlast waltzみたいな曲」。長さは4分半前後、ほどよくストーリー感もあるとなおよし。
ストリングスのイメージの強い曲なので、管楽器が強いビオパタでは全く違う感触になるとは思っておりましたが
我らはまったく渋みの要素が無く(何故?)、切ないロマンティックな演奏にはなりにくいのです。
どうしても能天気な明るい音になってしまう。それが良さ、と言えば良さなのですが、今聴いてもやはりラストワルツとは程遠い。。

スタンダードなコード進行で作ろうと思い、珍しくピアノを使って作曲をし始めました。
不思議なもので3拍子ということとテンポ感だけでも決められていると、それほど苦労しないで曲ができてきました。

入れたかった要素は以下。
・くるくる回るイメージ
・転調
・マイナーの部分を作りたい
あと、いい曲といえば下降するベースッ!という事でG⇒G/F#⇒G/E⇒G/D⇒C#dim⇒A7⇒D
という箇所を入れてみたり。安易ですが、好きなのでしょうがないですね。。

メロディーに関してはちょっと苦労したかもしれません。
ラストワルツを聴いてみて、この感じはどうやって出すのだろう?と思ったときに
・メロディーの切り方(休符・スタッカート)
・高音部への飛び方
・半音階を使う
冒頭のAメロ部分などはそういうポイントを意識して無理に作った感じがあります。
なので、今でも自分の中から自然に出てきたフレーズではない感じがあります。

「自分の中から自然に出てきたフレーズ」と思うのはサビの部分。
主メロが不在で、すべてのパートが裏方に回った「全員裏メロ部分」だと思っています。
なので、自分が普段やってることと似通っている部分でもあります。


気に入ってる部分はいくつかあるのですが、Gmのマイナーパートがあって、Aに転調するつなぎの部分。
あとはエンディング。
ゆうきくんからはプログレみたいなコードとか言われましたが(?)ちょっと未来を感じるような音にしたかった。
A⇒A/G#⇒A/G⇒A/F#⇒FM7というFM7が未来!を表しています!!(?)
朽ちた建物の天井から空が見えるみたいなイメージです。
楽しかった場所から立ち去っても、またそんな場所を見つけようという前向きなイメージ。

いつもはすぐに決まらないはずのタイトルは、割にすぐ決まりました。
誰もいなくなった映画館でネズミが走り回るという風景、
人間がいなくなった映画館は、また違う意味で楽園なりうる、というような意味も含みつつ「ネズミのワルツ」としました。
(後で井出君に聞いたら、上映中に鼠がスクリーンの下を走っていたこともあったそうで…。)
生命力の強いネズミのことだから、バウスシアターがなくなってもどんな場所でも生きていける、と。

井出君にデモを送ったりして、まあ良いのではという話になったのですが、他にもネタを用意すればよかったと今反省しております…。


3/29
その日、吉祥寺で昼のライブがあり、終わった後どこかの練習スタジオで録ろうという事になっていたのですが
決めるのが遅い遠藤はスタジオの予約を取っていなかった。。。
井出君に別件で電話した際、駄目もとで「今日、バウスを使わせてもらえないか…」と言ったところ
なんと快諾!!
夜7時くらいからバウス1での録音が始まったのです。
広くてデッドな環境はビオパタにマッチしていたようで、柔らかい音の録音ができました。
マイク2本の一発どりでした(コンデンサーで全体、ダイナミックでチェロ、各音量は距離で調整)。
この時の録音はファーストミニアルバムになっています。

紆余曲折あって、結局はネズミのワルツはちょっとだけしか使われず、ヨイショヨイショと一緒に使われることになったのでした。
バウスシアターでもたくさんかけてもらい、閉館間近の映画館はビオパタの辛気臭さ皆無のハッピーミュージックが流れていました。

今だから言える反省点ですが…
短い映像に合わせるための曲、という制限があるので、
すぐにサビ(盛り上がるキャッチーな箇所)が来るというのがかなり重要だった気がしますが、
それは対応できませんでしたなー。。うーん。すみません。


5/21にはグレイトフルデッド上映前にライブもできて、最後の最後にバウスシアターに出入りさせてもらい
楽しい日々でした。

ビオパタは作曲・演奏の依頼を受け付けておりますよー。
意外と気軽にやります。

さて、吉祥寺バウスシアター跡地。本当にラウンドワンができるんでしょうか。うーむ。

2015年3月11日水曜日

4/25 春の彼方、音の汀

終了しました!ありがとうございました!!!!!

biobiopatata企画
「春の彼方、音の汀」 立川 砂川七番 ギャラリーセプチマ







◆ 出演
sekifu
ポニーのヒサミツ
澁谷浩次(yumbo) from 仙台
biobiopatata + イトケン

food: masala underground、関雅晴、澁谷浩次、だいちゃんのパン

15:00 オープン/15:30 スタート
ご予約 2500円 当日 2800円(小学生以下無料)


長く寒い冬を抜け、花粉の嵐をくぐって、ついに、春。
セプチマでゆっくりしてってください。
ごはんもご用意して待ってます。

晴れることを願って!みんなで遊びましょう~。

-------------

タイムテーブルはこのような予定です。
お好きな時間にどうぞ。ごはんや軽食もご用意する予定です!
春の行楽に。

15:30  biobiopatata
16:10  澁谷浩次
17:10  ポニーのヒサミツ
18:00  sekifu

-------------

sekifu


ある時間が積み重なると、未分化の歌が滲み出てくる時があります。
それらを掬いあげて懐に入れて共に過ごします。
それらが自分の歩幅や呼吸と同期するくらいになるまで、根気強く付き合います。
そして頃合いをみて、歌の断片をいろいろな楽器に割り振ったりします。
必要に応じて、歌や楽器を練習したり、皆で合奏したりします。
こういった作業には非常に多くの時間が必要ですし、
自分でもいまだに何をやっているのかよく分かりません。
前身バンドのキヌタパンを経て、2004年9月に結成。
2012年に自主制作したCDR『fledged』が、今のところ唯一の作品です。

-------

ポニーのヒサミツ


細野晴臣氏と藤子F不二雄氏とポール・マッカートニー氏、
数多の先人の作品を尊敬しつつ音楽を奏で歌う。
夏目知幸とポテトたち、国旗メンバー。 
アルバム「休日のレコード」を2013年10月に発売。
2014年5月には本秀康主催の雷音レコードより7インチ「休日/あのこのゆくえ」を発売。

http://d.hatena.ne.jp/hisamitsu_house/



-------

澁谷浩次(yumbo)


北海道生れ。ミニコミ編集、自主カセットの制作を10代の頃から静かに行う。
1998年に仙台でグループ「yumbo」を期せずして結成し、すべての楽曲の作詞作曲をいみじくも担当。
2011年までに3枚のアルバム「小さな穴」(majikick)「明滅と反響」(majikick)「これが現実だ」(7e.p.)を確かに発表。ソロ作品としてはデモ集「homebound demos」(igloo)、ライヴ盤「Sapporo Picture」(Igloo)「シブヤくん」(7e.p.)などが実在する。




---------

biobiopatata + itoken


今回もイトケンさんに参加して頂くことになりました!嬉しい!
出番最初で、景気付けにパーっとやります!!






2015年1月13日火曜日

音源発売中!



biobiopatataの音源取り扱いは下記店舗にて
またはメンバーのライブ会場でお求め頂けます!!
阿佐ヶ谷 Roji(biobiopatata 1st, biobiobanban, カセットテープ)
高円寺 円盤 (biobiobanban, カセットテープ, トートバッグのCDとLP)
福岡 cafe and bar gigi (biobiobanban, カセットテープ)
福岡 PARKS (biobiobanban, トートバッグCD, biobiopatata 1st)
台北 月見ル君想フ (トートバッグCDとLP)

通販ご希望の方はbiobiopatata@gmail.comまでご連絡ください。
不慣れながらも対応いたします!


2015年5月2日
伴瀬朝彦とbiobiopatataの「biobiobanban」
リリースしました〜〜!

伴瀬朝彦さんの曲をbiobiopatataが演奏する、伴瀬管弦楽団となっております!
ジャケット絵は、カリハラのうたのPVでもおなじみの
佐藤美代さんです。
7曲入り、1800円です!!このジャケットを切るのは完全手作業…!




録音はitokenさん、遠藤がmix、masteringをしております。
ぜひ聴いてください!!しばらくライブ会場のみでの販売となります。
メンバーの他のバンドのライブでもお買い求めいただけます。
- - - - - - - -

2015年4月25日
伴瀬朝彦とbiobiopatata「4月12日と4月11日」
カセットテープで音源発売しましたー!
150本くらいの限定品です。ライブ会場でお求めください。¥800です。

内容は・・・
4/12の円盤ライブのライブ感ありありの3曲
4/11のNG集的謎リミックス by itoken
+ 円盤ライブ音源 数曲のDLコード付き!となってます。

ジャケットは黒岡まさひろ画伯(ホライズン山下宅配便)です。


かわいいーーーーーー!!!


- - - - - - - -


2015年1月8日 円盤からCDを発売しましたー!
全国各地のCDショップ・ライブ会場でご購入いただけます!!



LPとはミックス/マスタリング/曲順が違います。
なかには全く違うことになってる曲もあります!¥2000です〜〜

1.水色のカー
2.feu.
3.おかえりマンサナ
4.くらやみでピアノのれんしゅう
5.topology
6.車窓から
7.青梅
8.TikTik
9.あるく象のタンゴブルース
10.応援マントのテーマ
11.稲穂
12.col.
13.ヨイショ ヨイショ
14.落伍者のワルツ


- - - - - - - - - - -



2014年12月14日
12インチLP『biobiopatata』発売!!

まさかのトートバッグジャケ!

ほか、ライブ会場、全国各地でお買い求めいただけます!


曲も内容も盛りだくさん!
ながーく聴ける一枚になってますので、ぜひ!!
バッグとしてもかわいいですよ〜。

内容は・・・・
LP、ポスターサイズインナースリーブ
音楽ノート、ジャケット(トートバッグ)
となってます。
音源は、アナログならではの仕掛けもあり!

1.水色のカー
2.feu.
3.おかえりマンサナ
4.くらやみでピアノのれんしゅう
5.topology
6.車窓から
7.青梅
8.稲穂
9.TikTik
10.あるく象のタンゴブルース
11.応援マントのテーマ
12.落伍者のワルツ
13.col.
14.ヨイショ ヨイショ


--------------

biobiopatataのミニアルバム、
2014年5月4日発売

バウスシアター閉館イベント「THE LAST BAUS」
に使用された「ヨイショヨイショ」「ネズミのワルツ」(バウスシアターで録音)
を含んだ5曲入りです〜!


1.ネズミのワルツ
2.ヨイショヨイショ
3.歩く象のタンゴブルース
4.応援マントのテーマ
5.Topology

ライブ会場でお求めください!!


2015年1月1日木曜日

過去のライブ2015年

(関さん撮影ありがとうございます!)

2015年

10/4
渋谷 7thFLOOR
開場18:30 開演19:00
料金 / D別 予約・前売2,500円 当日3,000円
【出演】
伴瀬朝彦
カリハラバンド
《服部将典 / みしませうこ / 遠藤里美 / 河合一尊》
biobiopatata
《遠藤里美 / てんこまつり / ホンダユカ / ハラナツコ / 菅原雄大 / 林享》
生嶋剛(ペガサス)/ 兼岡章(ペガサス)/ 片岡シン(片想い)/ 野田薫

客入れ演奏などたっぷりやりました!!
set list
<客入れ演奏>
rain drops
世界の車掌さん
after night of bluemoon
月夜の灯台守
バナナのシール
Q
拾った石
ヨイショヨイショ

<biobioばんせ>
木枯らし待つよ
ネジダンス
となりの風
T字の自転車
舵をとれ船長
ーーーー
<伴瀬バンド+biobiopatata>
ジャバラノ
マルカポネラ
心眼のワルツ
階段の登り方
二次会
ーーーー
ネズミのワルツ


8/30
biobio伴瀬ワンマン@神保町試聴室。
イトケンさんを迎えて、、、!!!

set list
T時の自転車
ネジダンス
となりの風
Topolopy
あるく象のタンゴブルース
明るいノートン
Q
拾った石
〜休憩〜
(伴瀬ソロ)
月夜の灯台守
col.
水色のカー
世界の車掌さん
ヨイショヨイショ
マルカポネラ
心眼のワルツ
舵をとれ船長
二次会


8/1
立川ルミネ屋上で演奏!
あおぞらガーデン
場所:ルミネ立川 屋上庭園コトリエ
時間:17:00~
入場無料
楽器当てクイズ、盛り上がりました!!
暑すぎず、途中の悪天候でも場所を移動して演奏できて、
結果的に良いかんじになりました〜〜〜

セットリスト
TikTik
あるく象のタンゴブルース
ラ・クンパルシータ
応援マントのテーマ
バナナのシール
世界の車掌さん
Q(林くんの新曲)
月夜の灯台守
拾った石(野津さん提供新曲)

(テントに移動)
Topology
ネズミのワルツ
ヨイショヨイショ


7/5
今井次郎曲のアレンジを考える会@高円寺 円盤


久々の公開練習でした。
フルートのユカさんが諸事情により参加できなくなったので
急遽、山本紗織女史に入っていただきました!わ〜〜

お客様と一緒に理性的にアレンジを考える会になったのではないかと
思います〜(?)。
面白かったんですが、色々ありまして本番をキャンセルすることになりました。
申し訳ありません!!
なので、この日限りの演奏となりました!
歌も歌ったし…、この日のためにばっちりアレンジを考えたんですが…。。


5/10
下北沢モナレコードでランチライブ。

【出演】 biobiopatata / yojikとwanda / (Front Act)酒井己詳 / ツチヤマコト
【時間】 open 12:00 / start 12:30
【料金】 Lunch Set¥2700 / 1drink¥2500

イトケンさん!!!!!

セットリスト
1.ヨイショヨイショ
2.世界の車掌さん
3.応援マントのテーマ
4.col.
5.車窓から
6.水色のカー
7.Topology



5/2
名古屋 金山ブラジルコーヒー
OPEN19:30|START20:00
予約2300|当日2800

出演
伴瀬朝彦
biobiopatata
モノポリーズ

セットリスト
biobiopatata
1.ヨイショヨイショ
2.車窓から
3.世界の車掌さん
4.ネズミのワルツ

biobio伴瀬
5. マルカポネラ
6. T字の自転車
7. ネジダンス
8. となりの風
9. 心眼のワルツ
10. col.
11. 二次会

モノポリーズと
穴のワルツ
名付けのマンボ

アンコール
Topology

5/3
大阪 HOPKEN
OPEN15:00|START15:30
予約2300|当日2800

出演
伴瀬朝彦
biobiopatata
白い汽笛

セットリスト
biobiopatata
1.水色のカー
2.あるく象のタンゴブルース
3.月夜の灯台守
4.Topology

biobio伴瀬
5. マルカポネラ
6. T字の自転車
7. ネジダンス
8. となりの風
9. 心眼のワルツ
10. col.
11. 二次会

アンコール
風邪を引いた(白い汽笛)
カステラ(白い汽笛)


biobiopatata企画
4/25(土)
ギャラリーセプチマ「春の彼方、音の汀」

出演
sekifu
ポニーのヒサミツ
澁谷浩次(yumbo)
biobiopatata + イトケン

15:00 オープン / 15:30 スタート
ご予約 2500円 当日 2800円




ありがとうございました!!!!!

biobiopatata+ itoken はsekifuカヴァーメドレー、澁谷さんと一緒に演奏したりと、
大忙しでした・・・!
最後は関さんのリクエストでダニー・ボーイを演奏。
セプチマとの相性は素晴らしかった。
そして、ちゃおの料理は全部美味しかった・・・・・・・!!!!

◆セットリスト
Topology
青梅
col.
車窓から
世界の車掌さん
明るいノートン
月夜の灯台守
sekifuメドレー(朝〜目まいのする散歩Ⅱ じしんのうた〜曲がりくねった細い道〜あなたの船)
ヨイショヨイショ

澁谷さんと
トマトジュース
石が降る
薬のように

全員で
ダニー・ボーイ(関雅晴アレンジ)




4/12
高円寺円盤
biobiopatata+伴瀬ライブ
伴瀬朝彦さんを迎えて。
biobio伴瀬復活!
ありがとうございました!

1 車窓から
2 稲穂
3 応援マントのテーマ
4 マルカポネラ
5 T字の自転車
6 ネジダンス
7 となりの風
8 心眼のワルツ
9 カナリヤは鳴いている
10 col.
11 二次会


3/30
「円盤の干支もひとまわり三日目」
OPEN19:00-/Charge¥1,500(1drink付き)
出演:biobiopatata with 松倉如子/ジョニー大蔵大臣/稲と人カルテット(いなはたえみ、田口史人、菅原雄大、フジワラサトシ)/真夜中ミュージック(三沢洋紀、植野隆司)/小田島等

セットリスト
わたしの人生(江利チエミ)
くだもの
メルヒェン
君と空と道と僕と
きせつ
ヨイショヨイショ feat. 松倉如子

頑張ったし、またやりたい!


3/20
波、返し縫い
小台 BRÜCKE
開場 18:30
開演 19:30
前売:2000円 当日:2500円
 
出演:
biobiopatata
Gecko
斉藤友秋

セットリスト
la cumparsita
世界の車掌さん
TikTik
rain drops
車窓から
バナナのシール(斉藤友秋さん作曲)
月夜の灯台守
ヨイショヨイショ
水色のカー feat. 斉藤友秋


3/8

横浜日ノ出町シャノアール
「出張円盤ヨコハマSPECIAL!」
出演:biobiopatata+イトケン/国際オバケ連合/杉林恭雄(くじら)

イトケンさん全曲参加でパワーアップでした!!!

set list

1. col.
2. 水色のカー
3. La cumparsita
4. 歩く象
5. 世界の車掌さん(イトケンさん曲)
6. 明るいノートン(イトケンさん曲)
7. feu
8. 月夜の灯台守
9. ヨイショヨイショ
10. おかえりサマンサ(おかえりマンサナ) feat. 杉林恭雄
11. KAPPA(くじらカバー) feat. 杉林恭雄
12. 青空(くじらカバー) feat. 杉林恭雄

イトケンさん素敵すぎます!
そして杉林さんのライブでの瞬発力は本当にすごい〜。
また共演ありそうな予感です。



2/10
代官山「山羊に、聞く?」/NRQの『not レコ発 but ビオパタ』▼出演: NRQ/biobiopatata▼前売2300円/当日2500円
▼open19:30/start20:00▼ご予約→03-6809-0584/info@yagiii.com

直前にイトケンさん参加決定…!
すばらしいドラミングにビオパタたちは色めき立ち、
NRQと戦うに足る力を得るの巻。
色々と後手後手に準備は遅々として進まず、しかし結果的にオーライでした。
ありがとー、NRQ!!!本当に素晴らしい演奏でした!

set list
(1〜5、10〜12 イトケンさん参加)
1. 水色のカー
2. あるく象のタンゴブルース
3. 知った口(NRQカバー)
4. fue
5. col.
6. 稲穂
7. 応援マントのテーマ(feat. 中尾勘二)
8. 月夜の灯台守(feat. 吉田悠樹)
9. TikTik(feat. 牧野琢磨)
10. おかえりマンサナ(feat. 服部将典)
11. ネズミのワルツ
12. ヨイショヨイショ

NRQとアンコール:コンサルタントマーチ


2/8

高円寺 円盤
「biobiopatataの練習」
11:00-13:00 練習
Charge¥1500
(11時すぎから練習開始、13時からカレータイム)

イトケンさんを迎えて、NRQとのツーマンの練習(完全ネタバレ)と
ビオパタ曲の練習をしました。
ヨイショヨイショがきらめいた(8ビート)!!

カレーは MasalaUndergroundさんのチキンカレーでした!完売御礼!



1/25
高円寺 円盤
「biobiopatataの練習」
11:00-13:00 練習
Charge¥1500
(11時すぎから練習開始、13時からカレータイム)
この日は林くんが欠席のため、代打でひっしーが出てくれます!


カレーは MasalaUndergroundさんのチキンビリヤニ!!
写真撮るの忘れました、超美味しかったです!!!

練習内容は、ひっしー交えての「月夜の灯台守」等。
新曲?は、2年かけてアレンジがほぼ完成された「La Cumparsita」でした!
演奏はボロボロでしたがおぼろげにゴールが見えた!