2013年11月24日日曜日

曲解説 TikTik 担当:遠藤

何度もライブでは曲解説しているTikTik。初登場は2013/5/13でした。
この頃なぜか、YouTubeで薬物関係の動画をよく見ていました。。

TikTikというのはメタンフェタミン(覚せい剤)の隠語である「tik」
を2個つなげただけのものです。理由は、響きが可愛かったから。
「シャブシャブ」じゃあんまりですもの。

日本人が作ったんだよねえ・・・。覚せい剤。





一度も違法薬物・脱法ハーブの類はやったことはありませんが、
人々が簡単にハマってしまう、というその魅力。すごいな。。

本当のワンダーランドは自分の中にすべて収められているのではないか?
という思いがあります。
もし、脳内物質を操作できてしまうのなら快楽だってすべて操作可能という事ですから。
(B級SFにもなりはしないのですが)

自分の夢の世界の中でとんでもない体験をしたり、
夢の中で自分も知らなかった(と思っていた)事を知ったり。
自分てどうなってるんだ?とよく思っていました。脳は不思議です。

鬱とか眠気とか、そんなものを簡単に操作出来てしまうクスリ、って思ったら
ちょっと、と思って、つい、ズブズブ使ってしまうのかな。
まあ気持ちはわからなくもないけど、自分はクスリはいらないです。
自力で作れる脳内物質やホルモンの力で、十分だと思うからです。健康だし。

やったらアカンですよー(上の動画、2個めすさまじい。オーバードーズ怖い)

曲の成り立ちとしては、
キマってる→禁断症状→またキメてしまいハイに
という3部構成になっています。
普通の曲を作ろう、と思ったので、コード進行も普通・・・。
なんの不安要素もない、ただ楽しい音楽、
遊園地でメリーゴーランドに乗っているような虚構の世界の楽しさから、
ドロドロした禁断症状へ。ここのサックスのフレーズは考えてて楽しかった。
ただ実際はあんまり現実的な禁断症状、というより、夢の中でダウナーみたいな
そんなに辛そうな曲の出来ではありません。。
そして最後、ついついもう一回やってしまい、ハイに。。
という身も蓋もない感じです。

でも曲自体はとてもすっきり勢いのある、楽しい曲に仕上がってます^^;